Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://dokuoorz.blog83.fc2.com/tb.php/71-8d9be4ee

-件のトラックバック

-件のコメント

[C337]

         _,,,,,,__  __,,,__
        ィjj)))))))))!!!!!彡ヽ,
      /ミ/         ,}彡ヘ
      |ミ{ -‐ ‐ ‐ ‐-  {三=|
      El==; ゚ ''==. |ミミ,|
        `レfォ、,〉 :rfォ.、,  !iル┤
.        { `¨ i ・、¨ ´  `{ゞ'}
.        | ‘`!!^’ヽ     .「´
        ! ,-ニ'¬-、  ,!|,_
.        \´ ̄`  / ∧ヘ、
         __/〉`ー ' ´ /  〉 \
     _, ィ´「∧     /  /    )¬ー- 、_
  -‐ ´  / /  ヽ、/    /     iヾ      ヽ

      寺川 磯洲 [Terakawa Isosu]
        (1876~1914 日本)

[C338]

腐ったもん食っても戦場に赴けないだろ…

お店読んだぞ
ほのぼのしてていいよな~
  • 2008-04-27
  • ('A`)ウボァ
  • URL
  • 編集

[C339]

ガンガレ。ほんとガンガレ
  • 2008-04-27
  • ('A`)ウボァ
  • URL
  • 編集

[C340]

そのまましねばよかったのに
  • 2008-04-27
  • ('A`)ウボァ
  • URL
  • 編集

[C341]

>>337
このAAの使い道はあれか。オプーナと同じ扱いか。だとすれば「ゆっくりしていってね!」みたいな返答をすればいいのか。いやわからん。俺にはお前がわからん。どれくらいわかんかというと「ああこの漫画きっとハズレだな」と言いつつ会計を済ますくらいわからん。
このあふぉめ!

>>338
昔の人はたとえ腐っていようが、カビていようが食べていたものだ。
先人の教えを忠実にしなければ兵にはなれん。貴様も何れ分かる時が来るだろう……いや一生わからんだろうけど。俺にもわからん。今は揚げ物とかを楽しんでる。

お、おおお店を読んだのか、こういう時素直に喜べないのが俺の悪いところだな。複雑な心境って奴にあるよ。
とりあえずほのぼの路線で行ってるために用意していたオチを緩和するのに今必死でござる。

>>339
頑張る。おらほんと頑張るよ。
だからお前も頑張れ! たとえ世界中の誰もがお前のことを応援しなくても俺だけは応援してるぞ!

頑張れ! 弱い自分に負けるな!

頑張れー! ファイトだー! いけいけ339!
こんな応援されると嫌でも「俺……もう頑張れないよ……」ってなるのが目に見えてるねうん

>>340
おいこら、お前もう一回今回の記事を読み直してみろ。
俺の勇ましい姿をもう一度よく考えてからその発言をするんだ。
今のお前は戦士の心を忘れてる。例え腐った目をしていようとも、例え腐った心になろうとも、戦士の心を忘れることだけは許されない。オラ、それだけは許さないゾ
だからもう一度考え直すんだ。
  • 2008-04-27
  • 東京@つかれたよままん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

訪問者履歴


最近そんなもんの存在を知って色々と履歴についてた人のリンクを追加してみた(ブーン系に限り)
他にも色々と、ネトゲプレイヤーの足跡とかも残っていたものの、それはもうほとんど活動停止状態なので放置。

第一にそのネトゲやってる人がこんな記事を見ても……ねぇ?
そういうアレもあり、とりあえずリンクをこれでもかと言わんばかりに追加した。後悔はしていない。が反省はしている。大きな矛盾だね!うるせえ、俺のオージービーフねじ込むぞ。


とりあえず「なんで俺のブログお前のブログにリンク追加されてんの?ねえ?なんで?本気で意味わかんないだけど。は? 何? 調子乗ってんの? 早く消せよ。いいから、ほら早く……早くぅ……っ」って方は非公開ででもなんでも一報寄越しやがれ畜生。漏れなく東京が憑いてくるよ!返品利かないってのがまた困りものだね。うん。こんなもん届いたら瞬間的に回線切って首つるわ俺。


そういうわけで久しぶりのまともな雑記と呼ばれる記事を書くわけでゲス


なんかここ数週間まともに更新せずにラジオばっかりやってた気がする。いやまあ、現行を書いたりとかもしてたのが原因の一つだけども。言い訳だけどな! 許せ!

最近どうも色々と平和です。職場の売り上げも平和です。つまりやばいです。店潰れます。一日の売り上げがそれこそ二万中ごろってのは色んな意味でやばいです。あれか? 俺が仮店長なんぞやっとるのが原因か? 目に見える結果ってのを見せてやりたいのか? 何勘違いしてやがる……俺の店長はまだ終了してねえぜ! 生焼けそば!生焼けそば! クレーム! うるせえ! とかいうことを今日に限って忙しかった職場で考えてました。当然の如くクレームきました。


うどんが生やねんけど

俺「(やっべー新人一分以上茹でてなかったなコレ)すみません……すぐお作り直し致しますので……もうしばらくお時間頂いてもよろしいでしょうか?」

客「ついでにたこ焼きのたこも生やねんけど

俺「(゚A゚)」

客「ねえ? 舐めてんの? 客商売舐めてんの?」

俺「('A`)」

客「おい、黙ってないで何か言えよ」

俺「ああ……トイレで色々ぶちまけたいよ……」

客「はあ!?」

店員「はあ!?」

俺「はっ!?」

丁度時刻は一時半。この時とんでもない行列が出来ており飲食店における『ピーク』になっていた。
そんな最中、俺の腹の中も色んな意味で行列が出来ており、色んな意味で『ピーク』になっていた。

俺「(やべえ実が出る実が出る実が出る実が出る実が出る――――――!!)番号札32番でお待ちのお客様お待たせ致しましたっ!!」

恐らく店員から見た俺は「なんでこいつこんなに慌ててるんだろう」という感じだっただろう。
だが、俺は俺でとんでもない内情を抱え、今すぐにでもウォシュレットの方に逃げ込みたかったのだ。
無理もない。既に胃は限界の警告を再三と出しており、赤いランプがずっと光り続けていたのだ。

しかしそれでも頑張った俺を少しは評価して頂きたい。
そして、ピークが終わりを告げた時間はなんと三時。丸一時間半の死闘を俺はただ我慢し続けることでなんとか踏み越えたのだ。
一時間半である。例えば何かしら戦闘があったとしよう。開始されてからはあっという間に終わるものだ。短ければ一分以内。遅くとも三十分あれば必ずといって良いほどに終了する。
しかし、その遅い場合の三倍の時間を待ち続けたのだ。

これがいかに偉大なことか、これが如何に大変だということかをもう一度考え直して欲しい。
既に口から何かよくわからない物体が飛び出しそうだという状況で必死にバファリンという名の優しさの塊を飲み込み、優しさの心で生き続けていた東京の雄姿をもう一度考え直して欲しい。

それらを全て知った上で考えれば、俺は一体どれほど立派で、どれほど素晴らしいものだったであろうか。
恐らく世界中の女性全てが「東京さん……素敵! 抱いて!」と飛び掛ってくるだろう。

しかし現実はどうだ。「何してるんですか店長」「焼きそば5人前入ってるんですけど、早く焼いて下さいよ」という冷ややかな目と厳しい意見ばかりだ。
しかし俺はそれでも尚堪え続け「あ、ああ今すぐやるよ」と優しさの心を保ち続け焼きそばを焼いた。
その時の俺の顔は一体どうだったであろうか。AAで例えるなら(#゚ω゚)「ふぉおおおおおおおおお」という感じだろう。
もう既に限界は超えている。限界突破など既に三度繰り返している。眩む視界に、薄れる意識。その中で俺は耐え続けた。ここで出すわけにはいかない。ここで出せばどれほどの被害が襲うか。そして焼きそばを焼き上げ、俺は店員達に爽やかな笑顔を浮かべ「ちょっと逝ってくる!」と言いとある場所へと駆け込んだ。

しかし現実は更に非情なまでに刃を突きつけてきた。

部屋が全て埋まっていたのだ。その時俺は静かに、少しだけ泣いた。この現実の非情さに。この無情な現実に。
一つの部屋の中では携帯電話で話している高校生らしき糞坊主が意気揚々と自分の武勇伝を語っていた。本気でドアをぶち破ってバールのようなもので殴打してやろうと思った。
だが、それは出来ない。心の中が憎悪で溢れていようとも、妄想で幾度も殺めようとも、現実で手を出すわけにはいかない。

必死に心を押さえつけ、俺はただただ来るべき時が来るのを待った。
そして、静かに、そしてゆっくりと水の流れる音とともに扉が開いた。
有無も言わずに、俺はバンダナを巻いたエプロン姿のまま個室へと飛び込んだ。

そして。

デビルリバースをようやく終えた。
ここで勘違いして欲しくないのは便器にすわり込む作業をするために個室に入ったことではないということだ。
ぶっちゃけた話朝『腐った生卵かけご飯』を食べたが故に起きた悲劇だ。
給料を下ろす前だったがために食べるものに困っていたうちの食事は家族分のみまともな食材を使ったため、俺の食べる料理は最早料理と呼ぶには似つかわしくない下手物と化していた。
だがそれでも食べなくてはならなかった。これから戦場に向かうというのに腹ごしらえ一つしないというのは如何に天才であるブーンであろうと歩くことすらままならないだろう。
だからこそ、俺は食べた。泣きながら食べた。人生で泣いた回数というのは正直数少ない。指折り数えるくらいである。その十本指の一つに入るほどの悲劇だった。

朝から悲劇を重ね、俺は戦場へと赴く。足取りは、重い。当然だ。胃でまだ固形物と化している卵が残っている感覚があるのだ。
来るべき悲劇をせめて少しでも遅くなってもらうことを祈りながら、俺は戦場へと駆けた。

さて、時間軸を個室の中へと戻そう。

それから彼がどうなったかと言えば、新人店員と、前から居た店員に冷ややかな目で見られ続けながらお客様へと爽やかなスマイルを見せていた。






('A`)「俺、頑張った」

( ^ω^)「人生やり直せ」


コンティニュー?
ニァ ゲームオーバー?

L I F E O V E R
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://dokuoorz.blog83.fc2.com/tb.php/71-8d9be4ee

0件のトラックバック

5件のコメント

[C337]

         _,,,,,,__  __,,,__
        ィjj)))))))))!!!!!彡ヽ,
      /ミ/         ,}彡ヘ
      |ミ{ -‐ ‐ ‐ ‐-  {三=|
      El==; ゚ ''==. |ミミ,|
        `レfォ、,〉 :rfォ.、,  !iル┤
.        { `¨ i ・、¨ ´  `{ゞ'}
.        | ‘`!!^’ヽ     .「´
        ! ,-ニ'¬-、  ,!|,_
.        \´ ̄`  / ∧ヘ、
         __/〉`ー ' ´ /  〉 \
     _, ィ´「∧     /  /    )¬ー- 、_
  -‐ ´  / /  ヽ、/    /     iヾ      ヽ

      寺川 磯洲 [Terakawa Isosu]
        (1876~1914 日本)

[C338]

腐ったもん食っても戦場に赴けないだろ…

お店読んだぞ
ほのぼのしてていいよな~
  • 2008-04-27
  • ('A`)ウボァ
  • URL
  • 編集

[C339]

ガンガレ。ほんとガンガレ
  • 2008-04-27
  • ('A`)ウボァ
  • URL
  • 編集

[C340]

そのまましねばよかったのに
  • 2008-04-27
  • ('A`)ウボァ
  • URL
  • 編集

[C341]

>>337
このAAの使い道はあれか。オプーナと同じ扱いか。だとすれば「ゆっくりしていってね!」みたいな返答をすればいいのか。いやわからん。俺にはお前がわからん。どれくらいわかんかというと「ああこの漫画きっとハズレだな」と言いつつ会計を済ますくらいわからん。
このあふぉめ!

>>338
昔の人はたとえ腐っていようが、カビていようが食べていたものだ。
先人の教えを忠実にしなければ兵にはなれん。貴様も何れ分かる時が来るだろう……いや一生わからんだろうけど。俺にもわからん。今は揚げ物とかを楽しんでる。

お、おおお店を読んだのか、こういう時素直に喜べないのが俺の悪いところだな。複雑な心境って奴にあるよ。
とりあえずほのぼの路線で行ってるために用意していたオチを緩和するのに今必死でござる。

>>339
頑張る。おらほんと頑張るよ。
だからお前も頑張れ! たとえ世界中の誰もがお前のことを応援しなくても俺だけは応援してるぞ!

頑張れ! 弱い自分に負けるな!

頑張れー! ファイトだー! いけいけ339!
こんな応援されると嫌でも「俺……もう頑張れないよ……」ってなるのが目に見えてるねうん

>>340
おいこら、お前もう一回今回の記事を読み直してみろ。
俺の勇ましい姿をもう一度よく考えてからその発言をするんだ。
今のお前は戦士の心を忘れてる。例え腐った目をしていようとも、例え腐った心になろうとも、戦士の心を忘れることだけは許されない。オラ、それだけは許さないゾ
だからもう一度考え直すんだ。
  • 2008-04-27
  • 東京@つかれたよままん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

◆fMqrvr1rTs 東京 お店 タッチタイプ ちちくりマンボー

Author:◆fMqrvr1rTs 東京 お店 タッチタイプ ちちくりマンボー
ただの喪男です。ブーン系小説とか書いてます。通称東京・ゴブリンです。名字?知らんがな

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索